高価な楽器を祖母に借金してまで買いたかった高校時代

 

 

高校の頃吹奏楽部でフルートを吹いていました。

 

フルートは中学生の頃に頼み込んで買ってもらいましたが、先輩が卒業すると同じフルートパートのピッコロという鳥の声のような音の高い楽器の担当を受け継ぐことになりました。

 

フルートは何人かいますが、ピッコロは一人だけでした。

 

ピッコロは、手のひらを広げて伸ばした両手分くらいの本当に小さい楽器ですが、物によってはものすごく高価です。

 

もちろん、学校の楽器はありますが、練習していくうちにどんどん自分のものが欲しくなってきました。

 

当時はたまに貰える祖母からのお小遣いを、1回3千円の単発の個人レッスンにほぼつぎ込んでいました。

 

そして、お年玉も、親の方針で貯金していましたが、将来のためということで私も貯金を使うことは当時は考えてもみませんでした。

 

私が欲しかったのは、80万円もしました。今までの貯金を合わせても全然足りません。

 

ここは、祖母に貸してもらうしかないと思いました。

 

祖母は子供の目から見ても裕福な暮らしをしていました。頼んだら何とかなりそうな気もしました。

 

そもそも、親は何万かのフルートを買ってもらうときでさえ、頼みに頼み込んで親に買ってもらったし、親の懐に余裕がないことも十分知っていました。

 

祖母に会う度に、喉元までお金を貸して欲しいという言葉が出かかったのですが、言えないままでした。

 

誰も居ないところでこっそりお願いしたかったこともあって、なかなかチャンスがなかったのもありましたが、80万円ものお金を借りて、果たしてどうやって返していくのだろうという恐怖感もありました。

 

また、楽器を買ったら、上手になれる気がしていましたが、もし、祖母の了解を得て購入したところで、上手くなれるのかも不安でした。

 

言えないまま、休みの日は誰よりも早く練習に行って、家でも毎日練習していたお陰か、自分では自信がなかっただけで、引退間際にはソロを貰えたり、ピッコロが目立つ曲を皆で演奏することも増えました。

 

あのとき借りていたら、頼むだけでもしていたら…と時々思い出すこともありますが、今となっては血迷っていたのかなとも思います。

 

また、自分の子供が同じような状況のとき、自分なら買ってあげるかな、貸してあげるかなと考えます。